アーカイブ

2021

授業の詳細は下記ページから御覧ください。

https://edge-next.eng.tohoku.ac.jp/event/resilience2021/
概要

日本は、その立地条件から、多くの甚大な地震、津波、台風、豪雨を経験してきました。1995 年に阪神・淡路大震災、2011 年に東日本大震災、2018 年に西日本大豪雨、2019 年には東日本台風が発生しました。そして今、災害発生から時が経ち、日本では同時に進むさまざまな復興プロセスやフェーズを観察することができます。神戸は、阪神・淡路大震災からの復興プロセスがすでに終了しており、その復興プロセスから「Build Back Better(より良い復興)」について長期的な検証ができます。また、東日本大震災により甚大な被害を受け、現在も復興の途上にある東北地方では、これまでの復興プロセスを振り返り、今後の復興方針を再検討する時期にきています。
本プログラムでは、阪神・淡路と東日本の二つの災害と復興プロセスを学び、レジリエント社会の実現に向けたビジネスアイデアを創出するプロセスを通じて、創造的価値を生み出す事業を創出・持続できる人材の育成を目指しました。

スケジュール
スケジュールの表
2024年のプログラムはこちら! エントリー